fkm blog

software開発に関することを書いていきます

Android 4.4がでた

Android 4.4

とりあえずタイトルだけ書いてみた

Androidをすべての人に

Android 4.4 は早く、スムーズに、そして今まで以上に多くのデバイス - 512MBしかRAMを載せていない数百万のエントリーレベルの端末も含めて - で高い応答性を示すようにデザインされました。

Host Card Emulationを通じて、新しいNFCの可能性

Android 4.4 はペイメントやロイヤリティプログラム、カードアクセス、トランジットパス、その他独自のサービス用に、Host Card Emulation (HCE)を通じて安全なNFCベースのトランザクションをプラットフォームの新機能として提供します。HCEを使って、Androidバイス上の任意のアプリはユーザーにトランザクション開始のためにタップさせることでNFCスマートカードのエミュレートができます。デバイスにprovisionされたsecure element (SE)を用意する必要はありません。アプリはHCEカードのリーダーや他のNFCベースのトランザクション用リーダーとして新しいリーダーモードを使用することもできます。

印刷フレームワーク

Android アプリはWifi経由や、Google Cloud Printのようなクラウドでホストされたサービスに対して任意の種類のコンテンツを印刷できるようになります。印刷可能なアプリでは、ユーザーは利用可能なプリンターを探し、用紙サイズを選び、印刷したいページを選び、ほぼすべての種類のドキュメント、画像、またはファイルを印刷できます。

ストレージアクセスフレームワーク

ユーザーは、新しいストレージアクセスフレームワークによって、ドキュメント、画像、ファイルを好きなストレージ越しに簡単にブラウズしたり開いたりすることができます。ユーザーは、標準の使いやすいUIで、アプリとプロバイダー間で一貫した方法でファイルを閲覧したり、履歴にアクセスできたりします。

省電力センサー

センサーのバッチ処理

Android 4.4 はハードウェアによるセンサーのバッチ処理をプラットフォームとしてサポートします。これは現在アクティブなセンサーが消費する電力を劇的に減らす最適化です。

SMS プロバイダー

もしSMSやMMSを使うメッセージングアプリを作っている場合、共有のSMSプロバイダーとアプリのメッセージのストレージへのアクセスAPIが使えます。このSMSプロバイダーとAPIは、すべてのSMSやMMSを扱うアプリにとって、標準的なインタラクションモデルを定義するものです。

美しいアプリを作る新しい方法

フルスクリーン没入モード

アプリは、コンテンツの表示とタッチイベント取得のために、デバイスのすべてのピクセルを使えるようになります。Android 4.4では、ステータスバーやナビゲーションバーのようなシステムUIを隠し、すべての画面を使うUIを作れるよう、フルスクリーン没入モードを加えました。写真、動画、地図、本、ゲームのような、リッチな仮装コンテンツにとって理想でしょう。

新しいメディアの可能性

スクリーンの録画

端末から、アプリの高画質な動画を作成するのが簡単になります。Android 4.4では、スクリーンの録画のサポートと、キャプチャー作成のためのユーティリティと、それをMP4のファイルとして保存するものが追加されています。アプリのウォークスルーやチュートリアル作成、素材のテスト、マーケティング用の動画作成などに役立つ新たな方法です。

RenderScript によるコンピューティング

実行中のパフォーマンス改善

アプリでRenderScriptが使われている場合、RenderScriptのランタイム自身が実行中のアプリのパフォーマンスチューニングを再コンパイル無しでやってくれます。右の図はパフォーマンスの図です。

グラフィックス

GLES2.0 SurfaceFlinger

Android 4.4では、SurfaceFlingerがOpenGL ES 1.0 から OpenGL ES 2.0にアップグレードされています。マルチテクスチャリングを用いたパフォーマンス向上、カラーキャリブレーションやその他多くの特殊なエフェクトのサポートなどが加わっています。

New Hardware Composer support for virtual displays

新しいタイプの接続

新しいBluetoothプロファイル

Android 4.4は2つの新しいBluetoothプロファイルをサポートし、アプリはより省電力な、幅広いメディアインタラクションをサポートできるようになります。Bluetooth HID over GATT (HOGP)によって、アプリはマウス/ジョイスティック/キーボードのような低消費電力な周辺機器と低いレイテンシーで接続できるようになります。Bluetooth MAPによって、アプリは近くのデバイスとメッセージ交換ができます。例えば、ハンズフリー用の車載端末や、その他モバイル端末と などです。 As an extension to Bluetooth AVRCP 1.3 の拡張として、ユーザーはシステムの音量をBluetoothからセットできるようになります。

アクセシビリティ

closed captioning用のSystem-wide settings

Android 4.4はClosed Captioning用のsystem-wide preferencesを加えることで、アプリ間でよりよいアクセシビリティ体験をサポートします。ユーザーは 設定 > アクセシビリティ > Captions で、いつ字幕を表示させるか/どの言語か/文字のサイズ/使用する文字のスタイルのような、グローバルな字幕を設定できます。

国際的ユーザーのサポート

RTLロケール用の、Drawableの反転

もしアプリがRTL言語を使用するユーザーをターゲットにしている場合、RTL言語時にdrawableを自動で反転させるかどうかを設定するAPIが使えます。

セキュリティの強化

メモリ使用量の分析ツール